私のこと④公務員やめたい病

2月末に言い渡された突然の局間異動に動揺を隠しきれないわたし。

しかも異動先は議会局。

これまで議会とは全く関わらない仕事をしていたため、きつねにつままれたような気持ちでした。

異動希望に書いたんだけどね汗

下の方に。。。

当時のわたしが持っていた議会局へのイメージは、

○忙しい

○絨毯がふかふかしている

○議員怖い

○議会局からお知らせ致しますの放送にお昼寝を邪魔される

○議会開会中は管理職が怖い

○「○○先生」というワードを口にしているときは、基本みんな険しい顔をしている

○会期中は突然「お昼までにこの資料作って」みたいな仕事が入ってくる。でも何に使うかは教えてくれない。

というもので、

絨毯のふかふか以外プラスのイメージが全くといっていいほどなく(じゃあ異動希望に書かなければええやんという。。。)

え、あの怖い人たちがいるところに行くの?どうしよう。。。

といった感じでした。

それに生文の職場の上司からも

「面接は絶対きちんとスーツで行った方がいいよー」

「ふるはしさん派手目だから、髪の色落としてね。。」

とボディチェックされてました。

そうそう、当時の私が何で派手だったかというと、お仕事の中で接していたのが大学生や若い女性で(悪徳キャッチセールスとかスカウトを担当)、渋谷の繁華街に調査に行ったりしていたため、カモフラージュ的な格好を続けていたら、恒常的にちょっと派手になっちゃってました。

そんな私も今やイメージコンサルタント。ファッションは相手のためにあるんです!とか言っちゃってるので、人生分かりませんね。

この時の出来事も、実はイメージコンサルタントへの道に繋がっています。

議会に異動するんだから大人しめな服買わなくちゃ!でも大人しめでも自分に似合うファッションが知りたいなあ。と思っていたので、この時初めてプロにパーソナルカラーを見てもらったんです。

パーソナルカラーだけで2万円くらいでした。当時はどこもこんなものだったような気がします。

今はパーソナルカラーを見てくれる人もたくさんいて、価格もピンキリです。

でもやっぱり金額って大事で、安く提供している人は似合う色しか教えてくれなかったりするけれど、高額なサービスを提供している人は似合う色の使い方まで丁寧に教えてくれたりします(ちなみに私もそうです)。

色って何色着てもそんなに変わらんよーと思ってませんか??

でも全然そんなことなくて、似合う色とそうでない色では顔映りが全然違うんです。しかも、シミやシワといったお肌の隠したい部分までカバーしてくれます。

当時の私は25歳くらいでしたが、比較的年齢が若くても似合う色を身につけると一気に垢抜けるんです。

議会に異動するきっかけで受けたパーソナルカラー診断。

ここで受けた衝撃って結構大きくて、特に議員の先生がたのジャケットやネクタイの色に着目するようになったのも、これがきっかけです。

今振り返ってもびっくりするくらい、運命は複雑に絡み合っていますね笑

そして無事に面接を終え、総務課庶務係への発令も受け、慣れ親しんだ第一本庁舎からさよならしました。

向かう先は議会棟。

第一本庁舎の向かいにある、あのバウムクーヘンのような建物です。

局間交流は仕事内容も転職並みにガラッと変わる上に、異動先での人間関係の構築もまた1からやり直しになります。

楽しんでいるように見えたけれど、実際は私結構無理していたのだと思います。

また、私が与えられた仕事の一つに、議会放送というのがありまして。

都庁に勤務していた人なら一度は聞いたことがある

「議会局からお知らせいたします」

というアレです。

あの放送を担当しました。あれで私、精神的に結構やられてしまったんです。

会議が終わりそうな時間よりもかなり前から席に張り付いていなければならず、その間は電話も取れず、お手洗いにも行くことができません。これまでアクティブに外に出まくっていた私からすると、最も苦痛に感じる仕事でした。確かに、放送を合図に執行機関や議員が一気に動くのですごく責任の重いお仕事だったのですが、その分ミスはぜっっっっっっ対に許されません。

その上議会独特のルールに馴染むことができず、そして想像以上にみんなは議員に対して仰々しいし、議員案件になると上司のピリピリ具合で疲弊してました。

私は自分が何かアクションを起こすたびに、周りから怒られないように「これは間違っていないのか」とか「これはルールに則っているのか」ということばかり気にするようになってしまっていました。

議会に異動して、どんどん私らしさを失ってしまっていったのです。

早く昇任試験に受かって、他局に出よう。

と真剣に考えていました。

最新情報をチェックしよう!