女性政治家のパーソナルカラーと骨格分析⑤ (蓮舫さん)

今日は蓮舫さんのパーソナルカラーと骨格をチェックしてみたいと思います。

画像からの目視になりますので大まかなシーズンしか判断できませんが、話のネタやご自身のコーディネートの参考になさってください☆

白いジャケットを着ているのが圧倒的に多い蓮舫さん、上半身にボリュームを出すために、あえて膨張する白を着ているそうです。

では、パーソナルカラーから見ていきます。

定番の白いジャケットは割愛します笑

では、黒のジャケットを着ている画像と比べてみましょう。

https://magacafe.jp/articles/view/42993/

(マガカフェさまからお借りしてます)


暗めのお色も珍しいです。うーんちょっとお顔が暗くなるかなあ??

やっぱり明るい色を着ている方が似合ってますね。見慣れているのも多少あると思いますが。

私の方で100枚程度画像を見てみたのですが、ブルーベースのサマーだと思います。

https://www.news-postseven.com/archives/20180612_694573.html

(NEWSポストセブンさんからお借りしました)

こういう、イエローベースの人にはなかなかハマらない薄紫とか

https://magacafe.jp/articles/view/42993/

(マガカフェさんからお借りしてます)

この1番下までスクロールしたところに載っている、グレーのTシャツを着ている写真を見ても一目瞭然です。

グレーを着てこういうこなれ感を出せるのはサマータイプの方の特権なのです(サマー以外の人はグレーを着ると疲れて見えたりします)。

ただ、蓮舫さんの場合はウィンターの色の中にも、暗くない鮮やかな色みが得意でしたらお似合いになりそうです。

では、骨格診断をみてみましょう。

一部ストレートではないか、という説もありますが、蓮舫さんは割と分かりやすいウェーブだと思います。

ウェーブの人の上半身は首が長くて小さめの鎖骨が控えめに出ているのが特徴です。この写真だと分かりやすいかも。

http://uetorio.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/—5aba.html

(RIOさまブログより拝借しました)

あとは、胸の位置が下にあるのもウェーブの特徴になります。ストレートは胸の位置がもっと上で、上半身にボリュームがあります。

ストレート→グラマラス

ウェーブ→華奢

なのが上半身の特徴です。

デコルテをあまり開けすぎると、少し貧相に見えてしまいます。

例えばこういう感じです。

https://biz-journal.jp/2018/01/post_22028.html

(ビズジャーナルさまよりお借りしました)

ウェーブのファッションはあまりデコルテを見せず、上半身は盛ることを意識してコーディネートすると良いですよ☆

この蓮舫さんが1番良いと思います。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1223/sgk_161223_2127300053.html

BIGLOBEさんからお借りしてます。

グレーとベージュの中間のようなお色。ノーカラーのジャケットに繊細な装飾は、ウェーブタイプの骨格を持つ人だからこそできるファッションです。

着物はウェーブが1番似合う、そしてパーソナルカラーもぴったりなものを選ばれています。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1767981.html

(ニッカンスポーツさまからお借りしました)

ただ、この方の場合は世間一般からのイメージや、ご自身の置かれている状況をすごくよく考えてファッションを選んでいる印象があります。

髪型がベリーショートなのもウェーブの服特有の女性らしいふわふわ感を遠ざけ、ストレートの特徴である直線的、スタイリッシュな方に寄せるのに一役買っていると思います。

政治家の場合は、似合う色や似合うスタイルを貫くのではなくて、その場その場で自分の外見から何を伝えたいのか、ということを念頭に置いて、コーディネートを考えるのが良いですね。

最新情報をチェックしよう!