むずいぞ。女性のジャケットスタイル。

みなさん、ジャケットは着ますか??

おそらくこのブログを読んでくださっている方は「むしろ着ない日の方が少ないかもしれない!」というくらいジャケットの登場回数が高い方ばかりだと思います。

現にいろんな種類のジャケットを、ワードローブにたくさんお持ちでいらっしゃるのではないでしょうか。

私も都の職員時代に色々な女性議員の方のジャケットスタイルを見てきたのですが、皆さま着回しを工夫されているなあと感心していました。

男性のお仕事着であるスーツは上下セットで着用することが前提ですが、女性の場合、いかにも!みたいなスーツスタイルの人は議会界隈にあまりいません。

ジャケットだけを単品で購入し、手持ちのインナーやワンピース、ボトムスと合わせて着回していることが多いように思いました。少し年齢が上がると、勝負着としてカラースーツをオーダーしていたり、ということもありますよね。

世の中の女性のファッションスタイルも、上下セットのパンツスーツ!みたいなバリキャリファッションではなく、(営業職さんは除くとして)ジャケットを軸にして上手に着回す、というようなスタイルが主流になってきています。そしてなんと、ジャケットを上手に着回している人は周囲からの評価も高いんだそうです。

とは言っても、やっぱり難しい女性のジャケットスタイル。。。

私も最近ジャケットを着ることが増えてきたので、シルエット、インナーやボトムスとのバランスなど、いろいろ工夫しながら着回しを研究しているところです。

そんな中、私が自信を持ってオススメするジャケットの色がありまして。

それは、

ネイビー(紺)

なんです⭐︎

え、紺??フツーやん。と思いますよね。

しかし、意外に女性の政治家さんは春夏に紺のジャケットを着ている人は少ないです。みんな、白やアイボリーに流れます。

なお、それぞれの色が与えるイメージを色彩心理学的に分類すると、

白:清潔、明るい、純潔、新しい、無限

紺:誠実、真面目、堅実、自律、抑制

こうして見ると実は白やアイボリーよりも、紺色が与える心理的効果の方が政治家の方にはマッチするのかな、とも思ったりします。

白のジャケットも爽やかで素敵なのですが、

素材によっては安っぽく見えたり、汚れが目立ったりするのが難点です。

その点紺のジャケットは白に比べても汚れが目立たないため、質の良いものを着ると長いスパンでワードローブの主役として活躍してくれるはずです。

私、紺似合わないっていう人は、

インナーで工夫してみたり、

スカーフで差し色を作ってみたり、

いくらでもやりようはありますよ⭐︎

むしろ、誠実さや信頼感をアピールしたのであれば、最低1枚は紺のジャケットを持ち合わせておくのはオススメです。

最後に、パーソナルカラー別の似合う紺を作ってみました。

スプリング:明るめの紺です。安倍首相のスーツの色に近いです。

サマー:ソフトで優しい紺色です。リップはローズ系がおすすめです。

オータム:黄色をプラスした紺。茶系コーデによく合います。

ウィンター:強い紺。黒みたいですがこれくらい暗くても大丈夫です。

それぞれのシーズンでかなり違いがあると思います。

別にこれに合致している必要はなく、「ざっくりこんな感じ」の感覚で選んでみても顔映りは全然違ってきますよ。

紺は誠実と信頼の色。今年の春は紺色を身につけて過ごしてみてはいかがでしょうか。

———————————————————————————————————–

自分の似合う色が気になる人はパーソナルカラー診断がオススメ。

モニター割引を使うと、通常25,000円が半額の12,500円で受けられます。

なんと診断結果をすぐに活かせる素敵なプレゼントと古橋香織の1ヶ月サポート付き⭐︎

イメージ戦略のスタートとして、自分に似合う色を調べてみませんか♫

コンサルティング日程はこちら

———————————————————————————————————–

最新情報をチェックしよう!