スーツスタイルの3つのC、知ってますか?

皆さんは、スーツってどのくらい着てますでしょうか?

例えば1日8時間働くとして、それを5日、そして通勤時間が片道1時間かかるとして2時間かける5日間。

普通に週休2日勤務をしている人でも、一週間あたり50時間くらいスーツを着ていることになります。

政治家や議員の皆さんは、土日や祝日も行事ごとなどに出席したりすることがあるので、もっと多いのではないでしょうか。

そんな皆さんにこそ知っておいてほしい、

スーツに纏わる3つのC

について、今回は書きたいと思います。

この3つのCというのは、

①コーポレート

②コミュニケーター

③クリエイター

のそれぞれの頭文字のことです。

自分がどこに所属しているのかによって、どういうスーツを着たらいいのかというゴールが違ってきます。

政治家や議員の場合は、

②のコミュニケーター

になります。

①のコーポレートはいわゆるビジネスマン。コーディネートのキーワードは誠実さや全体の調和です。

③のクリエイターは、仕事に創造性を伴うデザイナーやライターなどです。スーツスタイルにある程度の個性を乗っけてもOKな人たちです。

政治家や議員が該当する②のコミュニケーターは、メッセージを伝達するお仕事です。メディアのコメンテーターもそうですね。

キーワードは、伝達、印象

コーポレートだと印象に残りづらいし、クリエイターだと逆に浮いてしまいます。

中間どころって、1番難しいです。

コニュニケータースタイルの作り方としては、

まず、自分に注目してもらわないとメッセージは伝えられないので、ネクタイやチーフにご自身のイメージカラーを取り入れます。

そして次に、伝えるメッセージの内容を加味して、↑で取り入れたイメージカラーの色味を調整したり、

どういうイメージを相手に焼き付けたいかという目的に沿って、スーツのかたちや色味をアレンジしていきます。

イメージカラーを取り入れる、までは皆さん普通にやっていますが、

そのあとの色味やスーツのスタイルを調整する段階までは、あまり皆さん行っていないように思います。

コメンテーターの人などは、トレンドを取り入れたコーディネートをする場合が多いですが、

基本的に政治家や議員の場合は、トレンドを抑えてクラシカルに、が定石です。

ただ、相手によってはトレンドを取り入れて良い場合もありますよ。

私がこれまでお見かけした政治家の方は、

どちらかというと①寄りの人が多くて、

せっかく良いこと言おうとしているのだから、もう少し自分を乗っけてもいいんじゃないかなーともどかしく思っていました。

このブログを見た人は、自分は「コミュニケーター」だ!

ということを意識して、

勝負のシーンでは、

華やか、でもクラシカルに

ということを頭に入れて、コーディネートをしてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!