女性政治家のパーソナルカラーと骨格分析⑦(稲田朋美さん)

今日は稲田朋美さんのパーソナルカラーと骨格分析について書きたいと思います。

福井県選出、防衛大臣も務められた方です。元は弁護士さん。

閣僚時代はニュースにもたくさん出られていましたね。

網タイツとメガネがトレードマークで、これは地元福井の産業をアピールするためとのことです。

この方のファッション、なんとなくみなさんも分かるかと思いますが、センスが良いとかおしゃれという評価はあまり聞かず、、、(一部の方々からは大絶賛の方ですが。。)

そのことについても、言及できたらなと思います。

では早速パーソナルカラーについて。稲田朋美さんは私が画像で見た限りだとブルーベースのウィンターです。

こういう、イエローベースのスプリング定番の配色や、

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180727006408.html

(朝日新聞デジタル様よりお借りしました)

ベージュ系のジャケットを着ると、

https://www.fnn.jp/posts/00405670HDK

(fun.jp様からお借りしました。画像は下の方にあるので、スクロールしてください)

お顔が黄ぐすんでしまうタイプのようです。

これに対して、ブルーベースのサマーのお色だと、

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/gallery/729041?ph=1

(福井新聞様からお借りしました)

おっ!なんか明らかにイエローベースよりも良い。けどちょっと白い。

では最後、ウィンターです。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190823-00578047-shincho-pol.view-000

(ヤフーニュース様よりお借りしました)

照明の光がオレンジっぽいので少し分かりにくいですが、純白とロイヤルブルーのウィンターの定番配色です。この配色でオレンジの照明下でもツヤが感じられて、その上お顔の印象がここまで強く出ているのでウィンターですね。

また、私もこの記事1本を書くのに稲田朋美さんの画像を何百枚も凝視していますが、黒のジャケットを着ている画像を見ても、「似合わないなあ」とは全く感じませんでした。画像を見ても分かると思いますが、黒にお顔が全然負けてないです。むしろお肌に透明感が出てとってもお似合いです。

https://mainichi.jp/articles/20170728/k00/00m/010/043000c

(毎日新聞さまよりお借りしました)

政治家の方は、強くて凛とした印象を作るために敢えてウィンターに寄せたカラーコーディネートをする方が多いのですが、この方の場合は強く鮮やかなウィンターの配色よりも、やわらかで優しげなサマータイプの配色を好んで着られていました。

サマーのお色は1番お顔を白く見せ、柔らかい印象を与えます。この辺りも、ご本人のこだわりなのかなと思います。

では、次に骨格を見てみましょう。

稲田朋美さんは、女性らしいラインや装飾が使われ、ふんわりした素材が多いウェーブタイプのお洋服を好んで着られています。

こういうのとか。(ノーカラーのツイードジャケットはウェーブが得意です)

https://toyokeizai.net/articles/-/202364

(東洋経済さまよりお借りしました)

これとか。(ウエストマーク、ひざ上丈のスカートはウェーブが得意)

https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170801/plt17080112000018-n2.html

(iza!様からお借りしました)

でも実際はこの方ストレートです。次の写真がわかりやすいです。

https://jisin.jp/domestic/1621475/

(女性自身様よりお借りしました)

首の太さや短さ、手が小さいのもストレートの特徴なので、とても分かりやすい方だと思います。

またこの画像でも、

https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/photos/170801/plt17080112000018-p3.html

(iza様からお借りしました)

ストレートの人は、膝から下がまっすぐな人が多いです。稲田さんもまっすぐでとっても綺麗な足をなさっています。

あとは横から見たらよく分かりますが、全体的に華奢な印象はなく、メリハリのある筋肉と脂肪のつき方ですよね。

そうなんです。ストレートの人は、メリハリボディの持ち主なのです。なので、女性らしさを足さないと貧相になってしまうウェーブの格好をすると、

男を誘っているなどとあらぬ誤解を与えたりとか、何かのコスプレみたいになってしまうんですね。

ただでさえ全国民からファッションチェックされかねない政治家。しかもメリハリボディを強調する格好をしてしまっていたわけなので、一時期世間から色々言われたのもまあ納得が行くような気がします。

ストレートなんだけどウェーブみたいな格好が好きな方は、全部をウェーブにしてしまうのではなく、細部で寄せていくのがよろしいかと思われます。

女性らしいツイードジャケットの時はボトムスをパンツにしてみるとか、

ふんわりしたワンピースにジャケットスタイルの時は、落ち着いた色を選んでみるとかです。

自分のコーディネートの幅を増やして、TPOに応じて変化を付けていくスキルはこの先絶対に必要になってきます。

ちなみに、稲田さんは自身が防衛大臣時代の服装を反省されているようです。。。

http://健康法.jp/archives/37715

(健康になるためのブログ様からお借りしました)

最新情報をチェックしよう!